YOGAの時間

アクセスカウンタ

zoom RSS 命びろいしました

<<   作成日時 : 2016/12/31 18:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年の瀬ですね、
皆さま いかがおすごしでしょうか?


私は、めずらしく風邪をひいてしまって
のどがヒリヒリ、鼻水たらり、頭がぼ〜〜っとして・・・・しんどいです。
じゃあ寝てればいいのに、なぜかじっとしてられなくてチョコチョコ家事をしたり、
買い物に行ったり、しんどいながらもウロウロして過ごしています



今年は、まな息子(愛息子ですね)が受験直前で。
年末も毎日塾に行ってるのに、可哀想に息子もおんなじような風邪の症状。
母として、私だけ寝てられへん!って、へんな気の遣いかた?してるんかな?
栄養ドリンクを飲んで、むりくり上げて、
床のワックスかけをしてみたり、普段しないところの掃除をしてみたりしています。



母子ともども、なんとか風邪をこじらせることなく、
大事を乗り越えたいと思います




そう、健康管理についてですが、この10月〜12月はすごく健康について、考えさせられました。
そしてたぶん、命拾いしました。


毎年、乳がん、子宮がん、大腸がんの健康診断には行っているのですが、
ふとしたきっけかから今年は大腸がんの検診のため、体調の内視鏡検査を受けてみることにしました。



日本人の疾患数1位、女性の死亡がんの1位は大腸がんです。
http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html
統計的に見ても多いがん大腸がんですが、ゆっくり進行する病巣なので早期発見すれば、防止しやすいそうです。



実は・・・10月に身近な同年代の女性が、この病が元で他界されました。



私は大腸がんについて何の知識もなく、彼女の完治を信じていました。
そして大腸がんなんて、高齢の人だけが罹る他人事みたいな病に思っていましたので、
彼女の他界を知ったとき、すごく急なことに思えたし、大きなショックでした。



まだ若くて幸せそうな彼女の他界の悲しさ、告別式の家族や友人の悲しみの様子、
すごくショックで、大きな影響を受けました。


それから大腸がんのこと、闘病生活のしんどさを調べ、知り、怖くなりました。。。。。



自分のため、家族のためにも避けられる病気は避けたい!
そして、健康に長生きしないと!と強く強く思いました。



今までも、日常生活で健康に気を遣っていたけど、
これからはもっともっと積極的に大きな病気の早期発見で予防しないと、と思いました。


例えば、便秘に気を付けて快便を心掛けたり、肉より魚食を心がけたりするのが今までの(腸に対しての)私の健康の気のつかいでした。
あと、もう1歩進んで、腸の洗浄をしてみたり、断食をしてみたりしたこともありますが、それは短期間のお試しのレベルだったので、健康法とも言えないと思います。
(まだ試してないけど、コーヒーエネマの洗浄用品をぽちっとしたりもしました



でも、もっと積極的に大腸がんのリスクマネジメントをするために、
勇気を出して大腸の内視鏡検査に行ってみました。




何もないことを確認して安心したいという気持ちで行ってみた内視鏡検査ですが、
まだまだ疾病数1位の大腸がんを舐めていたんですね・・・・
検査してみると、自分にも「大腸がんの芽」=腺腫が見つかりました。



自分は毎日健康に生きていて、なんの症状もないと思っていても、
病は見えないところで静かに発生して進行しているんですね
はじめてわからされました!



盲腸に1.2センチの第3段階の腺腫が見つかりました
びっくりです。 
40代以降にはよくある事なのに、自分にはないだろうとタカをくくっていたんですね。



大腸にできるデキモノには大きく分けて2種類あって、ニキビ的なただの炎症と、そうでないもの(腺腫)に分かれます。 腺腫は自然になくなる事無く静かにゆっくり成長し、異形が進むと癌となります。


異形の程度によって5段階に表されていて、4段階は少し癌科している細胞が含まれた腺腫、5が癌です。
http://ganjoho.jp/public/cancer/colon/


癌化して、大きくなったころに便に当たると出血するので便の潜血検査で発見されますが、
それは便がある程度固くなっている場所、直腸などに出来た場合で、
私の腺腫のようにまだ便が柔らかい場所に出来ると、便と当たっても出血しにくいので発見が遅れます。



とにかく、潜血検査で見つかったとしても、それはすでに癌になってしまっているので、
積極的な予防=早期化発見は、内視鏡で腺腫ができていないか調べる、あればの取ってしまうのが1番です。


今回私は、ポリープなんか無いやろうけど安心の為に検査しとこう、と軽い気持ちだったので、
内視鏡で検査と府同時に切除しない、出来たばかりの個人クリニックに行きました。


その結果、
内視鏡検査→発見→大きな病院へ紹介→大きな病院でまた内視鏡
と検査も2回してかなり2度手間になってしまいました。



なので、内視鏡を受けるときは、40代〜ならポリープの1つや2つはあるやろな、と思って
最初からポリープ切除に対応している病院に行くことをお勧めします。


腺腫を取ってくれた担当の先生は初診で開口1ばんに
「よく見つけましたね。よかったですね。」
と発見を喜んで褒めてくれました



長くなってしまいましたが。。。。。
大腸がんは発見が遅れると、しんどい病です。
でも検査をすれば、必ず避けることができます!
ぜひ内視鏡検査をしてみてください。



私は自分は腺腫ができやすい体質だということを知ったので、これからも定期的に検査に行きます。
実は盲腸の1.2センチの腺腫とは別に、直腸にも小さいデキモノが1〜2個あったので、経過を見にまた1年後にもう1度大腸の内視鏡を受けます。

来月には胃と十二指腸の内視鏡の予約もしました。



大腸がんも胃がんも
ごくポピュラーな病なので、自分はならないやろうと思うのは過信です。



逃げるは恥だが役に立つ(笑)

内視鏡検査はちょっと恥ずかしいけど、めっちゃ役に立ちます


ぜひ、行ってみてください

































テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
命びろいしました YOGAの時間/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる